こちらの報告会は終了いたしました。ご参加有難うございました。

尚、報告会の様子をブログに掲載しております。こちらからお読み頂けます。

平成29年度かながわボランタリー活動推進基金21・協働事業負担金「地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業」(認定NPO法人STスポット横浜、神奈川県保健福祉局福祉部障害福祉課、神奈川県県民局くらし県民部文化課)

障害福祉と文化芸術の関わりを考える報告会

平成29年度かながわボランタリー活動推進基金21・協働事業負担金

「地域における障害者の文化芸術体験活動支援事業」では、

福祉施設における芸術家によるワークショップ実施事業、

勉強会などを通して障害や文化芸術についての知見を深めるコーディネーター育成事業、

神奈川県内の事例蓄積を行う調査研究事業を柱に、活動を行ってきました。

 

この報告会では、今年度の活動報告とワークショップ実施事業の1つである、

まどか工房と即興からめーる団の音楽の取組みについてご紹介します。

あわせて、神奈川県内で障害のある人と芸術家の協働による創作活動を

行っているスローレーベルのみなさんの活動紹介も行います。

その後は、福祉分野と文化芸術分野について、どういった関わりを

つくっていけたらいいのか議論を深め、会場のみなさんとともに

今後の可能性や展望について考えるきっかけとしていきます。

日 時:2018年3月26日(月)19時~20時30分

 

ゲスト:

浦郷大佑(障害者サービス事業所まどか工房)

即興からめーる団(赤羽美希、正木恵子/音楽ユニット)

塚原沙和(特定非営利活動法人スローレーベル)

 

会 場:

障害者スポーツ文化センター横浜ラポール 大会議室

(〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1752)

 

料 金:500円

 

対 象:障害者との文化芸術活動に取り組んでいる、もしくは取り組みたいと考えている方。主に文化施設や芸術団体に関わる方を想定していますが、ご興味をお持ちの方はどなたでもご参加いただけます。

◇チラシのダウンロードはこちらからどうぞ。

ダウンロード
報告会チラシ.pdf
PDFファイル 687.2 KB

障害者スポーツ文化センター横浜ラポール

アクセス:

・JR横浜線「新横浜駅」(北口)/横浜市営地下鉄「新横浜駅」(8番出口)から徒歩約10分

・新横浜駅前(北口)から、横浜市総合リハビリテーションセンター/横浜ラポール専用 (無料)約5分

※詳しくはこちらの時刻表とバス乗り場をご確認ください。

http://www.yokohama-rf.jp/rapport/access/

・横浜市営バス(300系統)で、「浜鳥橋」下車 徒歩2分

※市営バスは、横浜市営地下鉄「仲町台駅」、JR横浜線・横浜市営地下鉄「新横浜駅」より接続しています。


お申込み

件名を「報告会参加」として、以下の内容をこちらのメールアドレス     (community@stspot.jp)までお送りください。こちらからの返信をもってご予約完了となります。

(1)お名前(ふりがな)、(2)ご所属(あれば)、(3)当日連絡用の電話番号

 

お問い合わせ

認定NPO法人STスポット横浜 地域連携事業部 担当:田中真実、弓井茉那

MAIL:community@stspot.jp TEL:045-325-0410 FAX:045-325-0414