ヒアリング


一緒に楽しく

横浜市旭区瀬谷区にある生活介護事業所、飛行船に伺いました。

もともとはダンスホールだったという施設はとても広く、

壁の掲示物の隙間からは鏡がのぞいていて、名残が感じられます。

1日30名程度、18~65歳の方が利用しており、

同じ法人が運営している作業所から、

活動内容やペースを見直して飛行船に移ってきた方もいるそうです。

飛行船では、「一日を楽しんで帰る」ということを大切にしており、

半日の生産活動(自主製品製作や軽作業)の他に、

毎日レクリエーションを取り入れています。

見学に伺った日は、折り紙で作ったアジサイを画用紙に貼って、

一人ずつ作品を作っていました。

 

ひと月のスケジュールを見せていただくと、

音楽、映画鑑賞、ゲーム、お誕生日会などバラエティに富んだ内容です。

また、年に2回遠足に行っているとのことでした。

個別レクリエーションとして、みんなで同じプログラムに取り組むのではなく、

少人数に分かれて運動や趣味あそびを楽しみ日もあります。

利用者のみなさんの意見も取り入れながら、

職員さんがアイディアを出し合って内容を考えているそうです。

フロアの後ろに貼ってある大きな富士山の絵は、

ティッシュペーパーに色をつけて重ねて柔らかい色合いを出しているそうで、

「僕が考えたんです。どうですか?」と目を輝かせる渡辺さん。

職員さんも利用者さんと一緒に楽しんでレクリエーションを作っているのだなぁ、

と感じました。

 

 飛行船を運営しているNPO法人でっかいそらは、

「障がいがある方が余暇を楽しく過ごせるように」という思いで障害児の余暇支援事業を始め、

大人へ成長していく過程で必要となる支援があることから、

さまざまなサービスを展開してきたそうです。

レクリエーションのノウハウは、これまでの法人の歩みのなかで蓄積されてきたものと、

職員さんの好奇心でできているのではないかと感じました。

 

 富士山の絵はまだまだ続きがあるとのこと。完成がたのしみです。

                                   (2017/6/5訪問 川村)

◇飛行船ホームページ http://www.dekkaisora.jp/shuroshien/hikousen.html

心をほぐすツール

横浜市南区弘明寺にある『つながるcafé』のオープンデーにお邪魔しました。

つながるcaféは、うつ病やひきこもりの方の居場所としてあります。

毎日、午前午後とプログラムが用意されていますが、それぞれの方の無理のない中で、好きなときに好きなように参加してよいそうです。

オープンデーは、見学希望や通所に興味がある方向けに、

誰でも参加できる日として月3回設けられています。

この日のプログラムは塗り絵でした。

初めに参加者全員で順番に名前と、

「ごはんとパン、どっち派か」を付け加えたちょっとした自己紹介をしてから、

用意された塗り絵を選び、それぞれ好きな色を塗り始めます。

あちこちで会話も生まれ、和やかな雰囲気が流れていました。

通われている方が作っているという、かわいらしいリーフレット
通われている方が作っているという、かわいらしいリーフレット

 

スタッフの寺田直美さんにつながるcaféでのプログラムについてお話を伺いました。

まず見せていただいたのが、習字の作品。

小学校の時に書いたようなお決まりの熟語から、

オリジナルのユニークな言葉や心の叫びまで、個性的な作品が揃っていました。

プログラムは切り絵や俳句、キャンドル作りなどの創作や、

ヨガやストレッチなど体を動かすもの、外に散歩に出かけたりちょっとした料理をしたりと

多岐にわたって用意されています。

「いろんなプログラムがあることで、利用者自身が参加しやすいプログラムを選ぶことができる」

と寺田さんは話します。

初めはスタッフの得意なものや興味があるものから始まり、

徐々に利用者発案のプログラムも生まれてくるようになったそうです。

音楽活動では自分たちでオリジナルソングを作り、その思いを広く届けたいという希望から

CDにしたり動画投稿サイトに投稿されたりと発展していきました。

数あるプログラムでも目を引いたのは、朗読劇。

インターネットで探した台本をみんなで読みます。

「セリフが決まっていて、必ず返事が返ってくるので、会話が苦手な人でも参加しやすいプログラムです。」

と寺田さんは教えてくださいました。

いきなり自己表現をすることは難しいけれど、用意された表現から練習することができると

ほっとするだろうな、と納得しました。

 

お話を伺って、すべてのプログラムが

つながるcaféに集まる人の心をほぐすツールとなっていることが伝わってきました。

私たちも時間が許す限り夢中になって塗り絵をし、

心を満たして帰路についたのでした。

                                  (2017/5/30訪問 川村 )

◇つながるcafeホームページ http://www.tsunagarukai.com/cafe.index.html

生活をいきいきと

横浜市戸塚区、工場が立ち並ぶ中に指定就労継続支援B型作業所スマイルワークスがあります。

菓子箱などのパッケージの組み立てや、シール貼りなど多くの受託作業を行っており、

部屋中に段ボールが山積みになっていました。

運営する株式会社スマイルワンの代表取締役である星野斉さんにお話を伺いました。

 

スマイルワークスで働く利用者さんは、

特別支援学校や普通学校を卒業後に利用開始した方が多いそうです。

「障害によって、物事を理解したり慣れたりするまでの時間がゆっくり。

現在、障害のある方は学校を卒業してからすぐ就労するのが一般的だが、

本当は就労に向けた準備期間が必要だと感じている。」と星野さんは話します。

スマイルワークスのパンフレット
スマイルワークスのパンフレット

 

作業の他にも、新しいことに挑戦し本人の可能性を広げる機会として、

毎月土曜日に料理・文化・運動に分かれてサークル活動が行われているそうです。

文化サークルで作ったちぎり絵の作品は部屋の中に飾られており、

いくつか見せていただきました。

部屋には他にもバーベキュー大会や年末に出かけたディナーショーなど、

楽しそうな様子の写真があちこちに貼られ、余暇活動も充実している印象を受けました。

利用者さんたちの実際の様子も、

作業の合間の休み時間に運動器具で体を鍛えている方がいたり、

「この前結婚したんだよね」と星野さんに紹介されて

「家事もしなきゃいけないから大変」と笑顔でお話してくださった方がいたり、

仕事を頑張るだけでなく、生活全体をいきいきと楽しんでいることが感じられました。

 

星野さんに教えていただき、少し離れた場所にあるもうひとつの事業所である

スマイルガーデンにも伺いました。

スマイルガーデンでは焼き菓子などの洋菓子を作って販売しており、

テミルプロジェクトという、一流パティシエによる監修や人気絵本作家のパッケージイラストと

コラボレーションをする福祉施設支援プロジェクトに参画しているそうです。

私たちは、他のスタッフへのお土産がてら、人気商品だというブラマンジェを購入して帰りました。

この日は5月に入ったばかりなのに夏のように暑く、

イチゴや桃がのってさっぱりとした甘さのブラマンジェは、スタッフ一同に好評でした。

スマイルガーデンのパンフレット
スマイルガーデンのパンフレット

 

仕事への意識は抜かりなく、楽しむときはみんなで楽しむ。

家族のようなあたたかい雰囲気の職場だと感じました。

                               (2017/5/1訪問 川村)

◇スマイルワークス ホームページhttp://smileoneinc.com/smileworks.html

 

 

 

充実した1日を

横浜市旭区白根にある障害者支援施設光の丘は、

長い坂を上ったところにありました。

施設の4階にある食堂には『展望食堂 富士』と名前がついているほど、

見晴らしのいい場所です。

今回は、課長の石川富士夫さんと支援主任の西山枝里さんに

施設を案内していただき、お話を伺いました。

光の丘ホームページより
光の丘ホームページより

 

午後の活動時間中であった、3つのグループを見学させていただきました。

まずは布に動物や、カラフルな模様を刺繍するグループにお邪魔しました。

シンプルに直線を縫うだけでも、色遣いや幅の取り方などで個性的に仕上がっていました。

次のグループでは、広い部屋の中でさらに細かくグループ分けされて、

タイル貼りや受注作業など、ひとりひとりに合わせた活動がされていました。

集中できるスペースが必要な利用者さんには、

パーテーションで仕切られた空間が用意されています。

最後に、クリーニング作業をしているグループに伺いましたが、

すでに作業を終えられて、みなさん一息ついているところでした。

全体的にゆったりとした空気が流れているのが印象的でした。

 

日々の作業活動以外では、

毎週金曜日に美術クラブ・音楽クラブ・リズム体操クラブに分かれて活動しています。

その中で、外部講師を招いての音楽療法などの活動も行っているそうです。

「多様な障害を持つ方がいるため、全員が楽しめる内容を考える工夫が必要。

そのための情報と発想がもっとあるとよいのだけれど」

と石川さんは話します。

 

光の丘では、仕事や余暇によって

『その人にとって充実した1日を過ごす』ということを大切にしているそうです。

利用者の多くは光の丘を長く利用しており、

障害の進行や加齢によって身体の状況が変化している方もいます。

今まで取り組んでいた活動が、その人に合わなくなってしまうこともあるため、

本人の持っている能力に焦点を当てて活動を考える必要がでてきているそうです。

ひとりの人生に寄り添うという障害者支援の仕事の奥深さを感じるとともに、

充実した日々のための情報と発想を、よりいろんな視点から集められる協力のかたちが

作ることができないか、と考えさせられました。         

                                                                                                                                           (2017/5/2訪問 川村)

◇光の丘ホームページ http://www.shirane.or.jp/facilities/hikarinooka/

カフェも併設されています
カフェも併設されています

人をつなぐ機会

旭区鶴ヶ峰駅すぐ近くの鶴ヶ峰商店街の中にある

旭区地域生活支援拠点ほっとぽっとは、

心の病を持つ方の暮らしをサポートする場所です。

フリースペースとなっている本体とは別に建物を持っており、

8年ほど前から『ほっとたつはな亭』として文化活動を行っています。

今回はほっとぽっとの拠点長である川田剛さんと、

ピアスタッフの和田千珠子さん、活動を支える市民ボランティアの皆さんに

ほっとたつはな亭の活動についてお話を伺いました。

ほっとぽっと別館の活用と地域交流を目的に始まった『ほっとたつはな亭』の活動は、

コンサートや作品展等、市民ボランティアや当事者が

ざっくばらんに話し合いをしながら企画を考え、一緒に作り上げてきたそうです。

「当事者の意見もきちんと聞いてもらって、

あーでもないこーでもないとみんなで話し合うのが楽しかったねぇ」

と和田さんと市民ボランティアの皆さんは振り返ります。

文化芸術活動が障害を越えて人をつなぐ機会となり、

また当事者にとって自己表現の機会がプラスになっているという実感を重ねてきました。

 

ただここ数年は、活動を取り巻く人の状況に変化があるそうです。

ほっとぽっと本体の相談業務や訪問業務の必要性が増していることで、

文化活動への職員の関わりが減っていることや、

当事者の参加が消極的となり、休止となった活動もあったそうです。

「若い当事者は症状が改善すると就労に向かうため、文化活動には消極的に感じる」

と和田さんは話します。

また、ボランティアが高齢化し、若い世代の参入がないことも課題です。

「活動に関わる人の輪がもっと広がってほしい。

化芸術活動に興味があり、一緒にイベントを作ることを楽しめるようなボランティアを

つないでもらえる場所があるとよい。」

と市民ボランティアの皆さんから、意見が挙がりました。

 

ご自身も統合失調症を持ち、

同じく統合失調症のご主人と一緒に小学生の娘さんを育てる和田さんは、

「学校でも障害者理解の取り組みというと、車椅子のことなど身体障害に焦点が当たり、

精神障害者を理解する機会が少ないと感じる。」と、中~大学生向けに普及活動をしたいと話しました。

心の病を抱えた方にとって、周囲からの理解が暮らしやすさにつながり、

そのためにもさまざまな人と交流する場づくりが必要とされていることを感じました。

                                  (2017/4/27訪問 川村)

 

☆ほっとたつはな亭と当事者によるイベントが

 8月に開催されるようです。ほっとぽっとに興  

 味を持たれた方は、ぜひ参加してみては⁉

 

◇ほっとぽっとホームページ http://www.geocities.jp/hottopot_a/hottotop001.html

「かわいい!」製品たち

 横浜市神奈川区反町にあるYSK作業所に伺いました。

ビルの中の1室が作業所になっており、

大きなテーブルを囲んで作業をしている人や、

ミシンに向かっている人がいます。

壁には色とりどりのミシン糸が置いてあり、とても華やかです。

よく見ると、利用者にもスタッフにも男性がおらず、女性だけの仕事場です。

特に女性限定の作業所としているわけではなく、自然と女性だけが集まったそうです。

「こうなると、男性は入りづらくなってしまったのかもしれません」と、

案内してくださった支援員の荒井さんは笑います。

 

以前は海上自衛隊からの受注で雑巾を作っていたそうですが、

現在は動物の柄が入った雑巾や布巾、お手玉などの布製品を作っています。

他にも「長いものばかリなので短いものが欲しい」というアイディアで作られたアームカバー、

雑巾を丸めて動物のかたちにした『zooきん』、メッセージ付きの布のチューリップなど、

どれも思わず「かわいい!」と声をあげてしまう製品ばかりです。

ぶたさんの雑巾。他にもさまざまな柄があります
ぶたさんの雑巾。他にもさまざまな柄があります

自主製品づくり以外にも、バスボムの中に入れる飾り作りの受注作業にも取り組んでいました。

受注先の会社から送られてきた材料と型を使って、花のかたちを作ります。

取り組んでいた利用者さんは「バラのかたちが難しいけど、やっと慣れた」と教えてくださいました。

街でもよく見かける、カラフルな色と香りが特徴的な有名化粧品会社の製品の一部が、

障害者地域作業所で作られているとは、まったく知りませんでした。

(※現在はバスボムの作業は行っていないそうです。)

 

帰りに反町駅前にあるふれあいサロンに寄ってみると、

YSK作業所をはじめ、障がい者地域作業所で手作りされた商品が展示頒布されていました。

 

障害がある方たちが関わった仕事は、わたしたちの身近なところにたくさんあるのかもしれません。

                                     (2017/5/9訪問 川村)

現在は法人の名前が変更になっています。こちらは変更前のものです。
現在は法人の名前が変更になっています。こちらは変更前のものです。

つなぐとつくるの間

大船駅から徒歩15分ほどの場所にある障害者支援施設、リエゾン笠間。

50名ほどの主に身体障害を持った入所者が暮らす生活棟に囲まれて、

敷地の真ん中には広々とした芝生があり開放的な雰囲気です。

主任であり看護師の肩書も持つ湯川芳代さんにお話しを伺いました。

 

まずはリエゾン笠間で行われている活動について教えていただきました。

イベントなどで販売する手芸品を作る『生産活動』や音楽や塗り絵をする『余暇活動』、

ヒーリングや機能訓練など充実した内容で、

「パンフレットに載せきれていない活動がたくさんある」と話します。

生産活動で革製品の染色をしている様子を見学させていただきましたが、

指導してくださるボランティアさんにアドバイスを受けながら一人で取り組む方や、

職員さんと息を合わせて道具を動かす方など、

皆さんそれぞれのペースで製作に励んでいました。

製品の種類も豊富で、特に『ドリームブリッジ』と呼ばれる廃材を活用した商品は、

地紋入りの封筒の模様を生かしたペーパークリップや、

お寺などから集めたろうそくに、保育園からもらった使わなくなったクレヨン

色付けしたキャンドルなど、凝らされた趣向に驚きの連続でした。

リエゾン笠間のパンフレット
リエゾン笠間のパンフレット

 

 

また、運動会や文化祭、地域に開いたお祭りやキャンドルナイトなど、

イベントも盛んに開催され、

キャンドルナイトにアーティストを招いてプロデュースを依頼したこともあるそうです。

 

‟つなぐ”という意味をもつリエゾン笠間は2016年に10周年を迎えましたが、

法人内では毎年グループホームや作業所など、

利用者のニーズに合わせた新しい施設を開設しており、

「法人の流れの中でも、今は‟つなぐ”と‟つくる”の間の時期だと考えている」と湯川さんは話します。

入所の相談があった場合も、その人にとって施設に入所することが最善なのか、

地域で暮らす方法もあるのではないか、ということを検討するそうです。

今あるものにつなぐのか、つながり先をつくるのか。

活動面でも生活面でも障害がある方の社会の中での暮らしを支えることに、

真摯に向き合い続ける姿勢を感じました。

                                 (2017/5/2訪問 川村)

◇リエゾン笠間ホームページ http://liaison-kasama.com/

立ち止まって表現を

まどか工房は、横浜市旭区鶴ヶ峰駅周辺に3つの工房を持っており、

それぞれまどか工房Ⅰ・ⅠⅠ・ⅠⅠⅠとして、

主に知的障害を持った方が製菓作業、弁当製造、喫茶・下請け作業に分かれて

仕事に取り組んでいます。

まずはまどか工房Ⅰを訪れました。

 

私たちが到着した時はお昼休みで、皆さんがくつろいでいるなか、

施設長の新倉朋矢さんに、まどか工房Ⅰで行っているクッキー作業について、

実際に厨房の中に入って説明していただきました。

クッキー作りの工程は材料の計量や生地作り、成型など細かに分かれ、

さまざまな得意分野がある利用者さんが取り組みやすいように、

道具にも工夫がされています。

例えば、丸めた生地を鉄板に等間隔に並べられるようにプラスチックの格子を使ったり、

クッキーを入れる袋にラベルを貼るときに同じ位置に貼ることができるように、ガイドが用意されていたり、すべて職員さんの気付きをアイディアで手作りされています。

新倉さんにお話を伺っている間に、

休憩を終えた利用者さんたちが続々と厨房に集まってきました。

毎朝一人ひとりの役割分担を確認しているそうで、それぞれてきぱきと身支度を整え、

持ち場について仕事に取り掛かっていました。

 

しばらくすると、弁当作りをしているまどか工房ⅠⅠⅠの方々が、

まどか工房Ⅰで食べ終えた弁当箱を回収しにやってきました。

私たちも、回収を終えてまどか工房ⅠⅠⅠに戻る皆さんと

ご一緒させていただくことになりました。

ちょうど近所にある小学校の下校時間と重なり、挨拶を交わしながら10分ほど歩きます。

先頭でカートを押す利用者さんはずんずん進みながらも、

時々立ち止まって後ろに続く人たちを待ってくださいました。

到着したまどか工房ⅠⅠⅠでは、弁当箱を洗う作業を行っていました。

毎日受注を受けて弁当を作り、配達・改修を行っているそうです。

そこで支援員として働く浦郷大祐さんは、

「障害のある方がカートを押して歩く姿が、街の風景になればいいな、と思っている」

と話しました。

 

最後に喫茶店と、菓子箱の箱折りなどの受注作業を行っている

まどか工房ⅠⅠにお邪魔しました。

ちょうど納品のタイミングだったようで、

大量の段ボール箱をまどか工房ⅠⅠのみなさん総出で

バケツリレー式にトラックに積み込んでいました。

積み終えると、次の箱折りが開始されます。

その横では、喫茶店のメニューやチラシを手書きで作る作業をしている人もいました。

店内で売られている製品のポップ作りも担当しているそうです。

利用者さんにいただいた手書きのちらし
利用者さんにいただいた手書きのちらし

そのまま喫茶店でお茶をいただきながら、新倉さんと浦郷さんに改めてお話を伺いました。

まどか工房では、「本人の実力を生かすことが仕事のあり方であると考え、

ひとりひとりの役割を作ることを大切にしている」と新倉さんは話します。

休み時間や、仕事として絵を描いて過ごす方もおり、

昨年は創作が好きな利用者さんの作品を集めて喫茶店に展示スペースを作って作品展を開いたそうです。

現在は仕事との兼ね合いもあり、

「ゆっくり立ち止まって表現に向き合う機会が不足している」と話しながらも、

「利用者さんの表現に触れることで、障害のある方のポジティブなイメージや楽しい一面を

地域の人に知ってもらう機会が作れたら」と、文化芸術活動への期待も感じられました。

思わずクスッと笑ってしまう独特の間を持つウェイターの接客を受けながら、

確かにこの和やかな空気をいろんな人に知ってもらいたい、と思いました。

                                  (2017/5/12訪問 川村)

◆まどか工房ホームページ http://www.k3.dion.ne.jp/~madoca/index.html

喫茶&ショップまどか(まどか工房ⅠⅠ)のちらし
喫茶&ショップまどか(まどか工房ⅠⅠ)のちらし