ブログ


想像力を働かせて

横浜市保土ケ谷区にアディクション(依存症) も含めた精神の方の自立訓練(生活訓練)を

行う事業所を持つステラポラリスに見学の相談をしたところ、

「月2回音楽ワークショップをしているので、ぜひそちらにいらしてください」とのこと。

ワークショップ会場である横浜駅から少し歩いたところにある、フォーク喫茶『元気です』にお邪魔しました。

 

音楽ワークショップでは、ラテンパーカッション奏者の加藤ちゃぼさんを講師に、

ラテン打楽器や、ステラポラリスのみなさんお手製の楽器をみんなで鳴らします。

私たちもワークショップに参加させていただき、

自分でリズムを作ったり、誰かのリズムをまねたり、音楽に合わせたり、

夢中になって楽器を鳴らしました。

ステラポラリスのみなさんも、

リズムに集中する緊張感と、リズムで遊ぶ自由さを楽しんでいる様子でした。

 

音楽活動のきっかけは、理事長である壁田英一さんが

フォーク喫茶『元気です』の常連客だったことからつながりができ、

4年前から『元気です』の音楽イベントに利用者が参加したり、

共同で小さなホールを借りてライブイベントをしたりするようになったそうです。

20174月にも地球市民かながわプラザで『元気です』と合同で音楽イベントを企画し、

『元気です』のお客さんのステージ発表や、当事者の体験談などのプログラムを行いました。

加藤ちゃぼさんとも『元気です』で知り合ったそうです。

 

音楽を通して、障害の有無に関わらず人がつながる場を築いてきた壁田さんですが、

「最近はうつ病など精神病に対する認知度は少しずつ上がってきたが、

当事者や家族が周囲に打ち明けづらいなど、まだまだ偏見や壁があると感じている。」

と話します。

また、「精神障害者は病院の精神科デイケアサービスに通っている方が多いが、

医療制度の枠組みの中では、地域の方と関わるようなプログラムは用意されていないのが実情」

と地域移行の支援に対して課題を感じていることを話してくださいました。

さらに、依存症を抱えた方が地域で暮らすことついて、

「街に出れば、あちこちにアルコールやパチンコ店など依存の対象となるものがある。

対象と距離を置かなければいけないと考えていては、社会生活が送れるようにはならない」

と、依存対象との向き合い方を壁田さんは考えています。

 

病気を抱えながらも生活は続きます。

当事者の“自立”や“生活”のかたちを、想像力を働かせて捉えていることを感じました。

そしてステラポラリスでの音楽活動は、偏見や制度の壁などと関係なく、

「音楽が好き」「たのしい」といったシンプルな気持ちで当事者と地域をつなげているように思いました。

 

 

(2017524日訪問 川村)

障害のある人たちの日々の生活にふれる

 10月18日(水)『障害福祉と文化芸術の関わりを考える勉強会』第2回を行いました。

今回は、ゲストである中村麻美さんが施設長をされている、

地域活動支援センターひふみの場所をお借りしての開催となりました。

前回に続き多くの方にお集まりいただき、

参加者を目の前にした中村さんが思わず「圧迫感が…」とたじろぐ盛況でした。

会場には、先日ひふみに通うメンバーの皆さんで書いた習字が飾られ、

ひふみでの日常を垣間見ることもできました。

続きを読む

日常に溶け込むアート

横浜市瀬谷区、瀬谷駅から徒歩20分ほどの住宅街の中にある、

せや福祉ホームを訪れました。

入り口には手作り感のある、かわいらしい看板が掲げられています。

この日は月2回開かれている美術教室「アトリエ・メイメイ」の活動があるということで、

担当職員である田中弘正さん案内のもと、見学させていただきました。

続きを読む

作業所から見える風景、地域とつながる方法

9月20日(水)、『障害福祉と文化芸術の関わりを考える勉強会』の

第1回をSTスポットにて行いました。

今回は「作業所から見える風景、地域とつながる方法」というタイトルで、

横浜市旭区にある地域作業所カプカプの所長である、

鈴木励滋さんにお話しいただきました。

当日は文化芸術関係者や福祉関係者などで会場は満席となり、

多くの方から関心が寄せられていることが感じられました。

続きを読む

市民に開かれた美術館

目の前には青々とした芝生に紺碧の海、

この日は初夏とはいえ汗ばむ陽気だったことも相まって、

なんだか夏休みを想起させられながら、横須賀美術館を訪れました。

開館当初から障害児向けワークショップや、福祉講演会など、

福祉事業を継続してきた横須賀美術館のこれまでの取り組みや今後の課題について、

学芸員の立浪佐和子さんにお話しを伺いました。

続きを読む

一緒に楽しく

横浜市旭区瀬谷区にある生活介護事業所、飛行船に伺いました。

もともとはダンスホールだったという施設はとても広く、

壁の掲示物の隙間からは鏡がのぞいていて、名残が感じられます。

1日30名程度、18~65歳の方が利用しており、

同じ法人が運営している作業所から、

活動内容やペースを見直して飛行船に移ってきた方もいるそうです。

続きを読む

ファールニエンテ

横浜市営地下鉄下飯田駅の目の前にあるレストラン、

『ファールニエンテ』に出かけました。

平日のランチタイムの店内はほぼ満席です。

続きを読む

心をほぐすツール

横浜市南区弘明寺にある『つながるcafé』のオープンデーにお邪魔しました。

つながるcaféは、うつ病やひきこもりの方の居場所としてあります。

毎日、午前午後とプログラムが用意されていますが、それぞれの方の無理のない中で、好きなときに好きなように参加してよいそうです。

オープンデーは、見学希望や通所に興味がある方向けに、

誰でも参加できる日として月3回設けられています。

この日のプログラムは塗り絵でした。

続きを読む

生活をいきいきと

横浜市戸塚区、工場が立ち並ぶ中に指定就労継続支援B型作業所スマイルワークスがあります。

菓子箱などのパッケージの組み立てや、シール貼りなど多くの受託作業を行っており、

部屋中に段ボールが山積みになっていました。

運営する株式会社スマイルワンの代表取締役である星野斉さんにお話を伺いました。

続きを読む

こそあどぐるんのハンバーガー

施設をたずねて伺ったお話の他に、

ヒアリングの合間に立ち寄ったところで、

見たり感じたり味わったりしたものも随時紹介していきたいと思います。

続きを読む

充実した1日を

横浜市旭区白根にある障害者支援施設光の丘は、

長い坂を上ったところにありました。

施設の4階にある食堂には『展望食堂 富士』と名前がついているほど、

見晴らしのいい場所です。

今回は、課長の石川富士夫さんと支援主任の西山枝里さんに

施設を案内していただき、お話を伺いました。

続きを読む

人をつなぐ機会

旭区鶴ヶ峰駅すぐ近くの鶴ヶ峰商店街の中にある

旭区地域生活支援拠点ほっとぽっとは、

心の病を持つ方の暮らしをサポートする場所です。

フリースペースとなっている本体とは別に建物を持っており、

8年ほど前から『ほっとたつはな亭』として文化活動を行っています。

今回はほっとぽっとの拠点長である川田剛さんと、

ピアスタッフの和田千珠子さん、活動を支える市民ボランティアの皆さんに

ほっとたつはな亭の活動についてお話を伺いました。

続きを読む

「かわいい!」製品たち

 横浜市神奈川区反町にあるYSK作業所に伺いました。

ビルの中の1室が作業所になっており、

大きなテーブルを囲んで作業をしている人や、

ミシンに向かっている人がいます。

壁には色とりどりのミシン糸が置いてあり、とても華やかです。

続きを読む

つなぐとつくるの間

大船駅から徒歩15分ほどの場所にある障害者支援施設、リエゾン笠間。

50名ほどの主に身体障害を持った入所者が暮らす生活棟に囲まれて、

敷地の真ん中には広々とした芝生があり開放的な雰囲気です。

主任であり看護師の肩書も持つ湯川芳代さんにお話しを伺いました。

 

続きを読む

立ち止まって表現を

まどか工房は、横浜市旭区鶴ヶ峰駅周辺に3つの工房を持っており、

それぞれまどか工房Ⅰ・ⅠⅠ・ⅠⅠⅠとして、

主に知的障害を持った方が製菓作業、弁当製造、喫茶・下請け作業に分かれて

仕事に取り組んでいます。

まずはまどか工房Ⅰを訪れました。

 

続きを読む

ブログはじめます

福祉施設のヒアリングレポートや、
ワークショップ実施の様子など、
日々のあれこれをお知らせします。

 

続きを読む

想像力を働かせて

横浜市保土ケ谷区にアディクション(依存症) も含めた精神の方の自立訓練(生活訓練)を

行う事業所を持つステラポラリスに見学の相談をしたところ、

「月2回音楽ワークショップをしているので、ぜひそちらにいらしてください」とのこと。

ワークショップ会場である横浜駅から少し歩いたところにある、フォーク喫茶『元気です』にお邪魔しました。

 

音楽ワークショップでは、ラテンパーカッション奏者の加藤ちゃぼさんを講師に、

ラテン打楽器や、ステラポラリスのみなさんお手製の楽器をみんなで鳴らします。

私たちもワークショップに参加させていただき、

自分でリズムを作ったり、誰かのリズムをまねたり、音楽に合わせたり、

夢中になって楽器を鳴らしました。

ステラポラリスのみなさんも、

リズムに集中する緊張感と、リズムで遊ぶ自由さを楽しんでいる様子でした。

 

音楽活動のきっかけは、理事長である壁田英一さんが

フォーク喫茶『元気です』の常連客だったことからつながりができ、

4年前から『元気です』の音楽イベントに利用者が参加したり、

共同で小さなホールを借りてライブイベントをしたりするようになったそうです。

20174月にも地球市民かながわプラザで『元気です』と合同で音楽イベントを企画し、

『元気です』のお客さんのステージ発表や、当事者の体験談などのプログラムを行いました。

加藤ちゃぼさんとも『元気です』で知り合ったそうです。

 

音楽を通して、障害の有無に関わらず人がつながる場を築いてきた壁田さんですが、

「最近はうつ病など精神病に対する認知度は少しずつ上がってきたが、

当事者や家族が周囲に打ち明けづらいなど、まだまだ偏見や壁があると感じている。」

と話します。

また、「精神障害者は病院の精神科デイケアサービスに通っている方が多いが、

医療制度の枠組みの中では、地域の方と関わるようなプログラムは用意されていないのが実情」

と地域移行の支援に対して課題を感じていることを話してくださいました。

さらに、依存症を抱えた方が地域で暮らすことついて、

「街に出れば、あちこちにアルコールやパチンコ店など依存の対象となるものがある。

対象と距離を置かなければいけないと考えていては、社会生活が送れるようにはならない」

と、依存対象との向き合い方を壁田さんは考えています。

 

病気を抱えながらも生活は続きます。

当事者の“自立”や“生活”のかたちを、想像力を働かせて捉えていることを感じました。

そしてステラポラリスでの音楽活動は、偏見や制度の壁などと関係なく、

「音楽が好き」「たのしい」といったシンプルな気持ちで当事者と地域をつなげているように思いました。

 

 

(2017524日訪問 川村)

障害のある人たちの日々の生活にふれる

 10月18日(水)『障害福祉と文化芸術の関わりを考える勉強会』第2回を行いました。

今回は、ゲストである中村麻美さんが施設長をされている、

地域活動支援センターひふみの場所をお借りしての開催となりました。

前回に続き多くの方にお集まりいただき、

参加者を目の前にした中村さんが思わず「圧迫感が…」とたじろぐ盛況でした。

会場には、先日ひふみに通うメンバーの皆さんで書いた習字が飾られ、

ひふみでの日常を垣間見ることもできました。

続きを読む

日常に溶け込むアート

横浜市瀬谷区、瀬谷駅から徒歩20分ほどの住宅街の中にある、

せや福祉ホームを訪れました。

入り口には手作り感のある、かわいらしい看板が掲げられています。

この日は月2回開かれている美術教室「アトリエ・メイメイ」の活動があるということで、

担当職員である田中弘正さん案内のもと、見学させていただきました。

続きを読む

作業所から見える風景、地域とつながる方法

9月20日(水)、『障害福祉と文化芸術の関わりを考える勉強会』の

第1回をSTスポットにて行いました。

今回は「作業所から見える風景、地域とつながる方法」というタイトルで、

横浜市旭区にある地域作業所カプカプの所長である、

鈴木励滋さんにお話しいただきました。

当日は文化芸術関係者や福祉関係者などで会場は満席となり、

多くの方から関心が寄せられていることが感じられました。

続きを読む

市民に開かれた美術館

目の前には青々とした芝生に紺碧の海、

この日は初夏とはいえ汗ばむ陽気だったことも相まって、

なんだか夏休みを想起させられながら、横須賀美術館を訪れました。

開館当初から障害児向けワークショップや、福祉講演会など、

福祉事業を継続してきた横須賀美術館のこれまでの取り組みや今後の課題について、

学芸員の立浪佐和子さんにお話しを伺いました。

続きを読む

一緒に楽しく

横浜市旭区瀬谷区にある生活介護事業所、飛行船に伺いました。

もともとはダンスホールだったという施設はとても広く、

壁の掲示物の隙間からは鏡がのぞいていて、名残が感じられます。

1日30名程度、18~65歳の方が利用しており、

同じ法人が運営している作業所から、

活動内容やペースを見直して飛行船に移ってきた方もいるそうです。

続きを読む

ファールニエンテ

横浜市営地下鉄下飯田駅の目の前にあるレストラン、

『ファールニエンテ』に出かけました。

平日のランチタイムの店内はほぼ満席です。

続きを読む

心をほぐすツール

横浜市南区弘明寺にある『つながるcafé』のオープンデーにお邪魔しました。

つながるcaféは、うつ病やひきこもりの方の居場所としてあります。

毎日、午前午後とプログラムが用意されていますが、それぞれの方の無理のない中で、好きなときに好きなように参加してよいそうです。

オープンデーは、見学希望や通所に興味がある方向けに、

誰でも参加できる日として月3回設けられています。

この日のプログラムは塗り絵でした。

続きを読む

生活をいきいきと

横浜市戸塚区、工場が立ち並ぶ中に指定就労継続支援B型作業所スマイルワークスがあります。

菓子箱などのパッケージの組み立てや、シール貼りなど多くの受託作業を行っており、

部屋中に段ボールが山積みになっていました。

運営する株式会社スマイルワンの代表取締役である星野斉さんにお話を伺いました。

続きを読む

こそあどぐるんのハンバーガー

施設をたずねて伺ったお話の他に、

ヒアリングの合間に立ち寄ったところで、

見たり感じたり味わったりしたものも随時紹介していきたいと思います。

続きを読む

充実した1日を

横浜市旭区白根にある障害者支援施設光の丘は、

長い坂を上ったところにありました。

施設の4階にある食堂には『展望食堂 富士』と名前がついているほど、

見晴らしのいい場所です。

今回は、課長の石川富士夫さんと支援主任の西山枝里さんに

施設を案内していただき、お話を伺いました。

続きを読む

人をつなぐ機会

旭区鶴ヶ峰駅すぐ近くの鶴ヶ峰商店街の中にある

旭区地域生活支援拠点ほっとぽっとは、

心の病を持つ方の暮らしをサポートする場所です。

フリースペースとなっている本体とは別に建物を持っており、

8年ほど前から『ほっとたつはな亭』として文化活動を行っています。

今回はほっとぽっとの拠点長である川田剛さんと、

ピアスタッフの和田千珠子さん、活動を支える市民ボランティアの皆さんに

ほっとたつはな亭の活動についてお話を伺いました。

続きを読む

「かわいい!」製品たち

 横浜市神奈川区反町にあるYSK作業所に伺いました。

ビルの中の1室が作業所になっており、

大きなテーブルを囲んで作業をしている人や、

ミシンに向かっている人がいます。

壁には色とりどりのミシン糸が置いてあり、とても華やかです。

続きを読む

つなぐとつくるの間

大船駅から徒歩15分ほどの場所にある障害者支援施設、リエゾン笠間。

50名ほどの主に身体障害を持った入所者が暮らす生活棟に囲まれて、

敷地の真ん中には広々とした芝生があり開放的な雰囲気です。

主任であり看護師の肩書も持つ湯川芳代さんにお話しを伺いました。

 

続きを読む

立ち止まって表現を

まどか工房は、横浜市旭区鶴ヶ峰駅周辺に3つの工房を持っており、

それぞれまどか工房Ⅰ・ⅠⅠ・ⅠⅠⅠとして、

主に知的障害を持った方が製菓作業、弁当製造、喫茶・下請け作業に分かれて

仕事に取り組んでいます。

まずはまどか工房Ⅰを訪れました。

 

続きを読む

ブログはじめます

福祉施設のヒアリングレポートや、
ワークショップ実施の様子など、
日々のあれこれをお知らせします。

 

続きを読む